ブログのタイトルを変えたので就職について自分の考えを改めて残しておく。

みなさん、こんにちはパシフィックです。

ブログは今までも更新したいなと思いつつ忙しさで更新できずにいた。たぶんブログというのは日々の日常を書いているものであって、日常を書かない自分にとっては「備忘録」がふさわしいのじゃないのかと突如思いついて変更に至った。やはり個人的にはこちらの方がしっくりくる気がする。

これからは備忘録としてやっていき、どこかの誰かの何かしらの役に立てればと思う。

言わなきゃいけないことは済んだためここで終わっても良いが昨年から考えて確かこの辺りから本気で転職を考えていたと思うため改めて自分の考えを書いておこうと思う。

 社会人に少し慣れ、会社に嫌気がさしてくる魔の3ヶ月目が今月でやってきてしまった。恐らく多くの若者がまた会社を早期離職するのだろう。

自分自身がそうであったためそれが良いとか悪いとかそういうことを言うつもりは毛頭ない。他人の思考を変えるのは難しいし、旗から見て、自分から見て対象の人物が幸せそうでも本人は地獄にいるかの如くつらい日々を送っているということは多々あることだからである。

ただ、自分から言わせてもらえれば次に着く仕事は本当にあなたが追い求めている仕事かということだ。自分自身、自分の好きな仕事は二つの会社を渡って初めて気付くことができた。

自分は今仕事で文化財関係の仕事をしている。100年以上前の人が書いた手紙を見てどういう内容が書かれているのか考えたり、外に出て行ってお寺の本堂を修理するためにお寺の寸法を取ったり等色々であるが楽しくやらせてもらっていることは断言できる。元々研究系の仕事か進学かで考えていたが文系ではそういう仕事が無かく、金も無かったためなんとなく民間で大量に面接を受け、大量に落とされ、2社を経て今の仕事に就いている。

自分が2社を経ているのはそれだけ遠回りしないと社会人としての自分がやりたい仕事に気付けなかったためだ。恐らく、自分自身は自分の将来に対してあまり考えるのが得意では無いんだと思う。どこか他人事で自分が直面している出来事では無いように感じる。だからこそ自分の将来に対して真面目に向き合えていない部分があるんだと思うがそれはそれで仕方が無いと開き直って乗り切っている。商社に入る前に今の仕事を考えていないわけでは無かったが自分にはどうせ公務員は無理だろうという諦め癖と肩書を重視した就職思考でいたためにこうなってしまったことは言うまもでない。

今の日本で男一人であれば仕事が無くても死ぬことはまず無いだろうと思う。限界だと言われている社会保障も何だかんだで弱者にはある程度行き届いているっぽいし、色々と手を差し伸べてくれる人が多い日本で孤独死や自殺はあっても餓死はよほどのことがない限り無いかと思う。

そんな中で自分のやりたいことを探すのは非常に重要なことだ。今でこそこの仕事について笑顔が増え、仕事の関係でやりたいたいことが増えたが自分が商社にいた頃は笑顔は無く、先輩方との交流もなく何となく仕事をして失敗し、生きづらさや居づらさを感じていた。

現在でもそういう人は多いのでは無いだろうか。

だからと言って辞めて良いということにはならないだろうが本当に辛ければそういう結果になっても良いのでは無いだろうかと個人的には思っている。日本の場合、社会参画の仕方が社会人の場合は仕事関係がほとんどのため仕事の環境は人にとって重要な要素であると思う。だからこそ何の面白味もない場所で働き続けるのは悲しい事だとさえ思える。自分自身、今の労働量は商社にいた頃とあまり変わりが無く、公務員でも土日に出ることもあれば夜の10時くらいまで残業するというのが連続で続くこともある。それでも、仕事内容に面白味があり、興味が湧くからやりたいと思えているし成長したいとも思えている。パチ屋や商社勤務の頃とは大きな違いだ。

だから今一度自分のやりたかったこと、なりたかったもの、興味関心があったものを思い出して欲しいのである。遠回りをせずに自分のやりたい事ができるように考えて欲しい。なろうと思ったが途中で諦めて方向転換し、現在が物凄く辛い人はもう一度やってみても良いのでは無いだろうか。

「社会人は基本的に自由であり、法に触れないことなら自分の思ったことをやって良い。世間の体裁を気にせずやりたいことをやれ。」自分が商社で勤務していた時に上司から言われた言葉だがこういうものだと思う。脱サラしてカフェを開いても良いし、独立して会社を立ち上げても良い。要はそれをしようとする原動力があるか無いかの話だと思う。今が最低であればこれ以上落ちることは無く、恐れるものは無いのではないか。であれば挑戦してみてもバチは当たらないだろう。

日本であれば何とかなるのではないだろうかという相変わらずの楽観主義的な発想で怒られてしまいそうだが今が辛いなら仕方がないだろう。そういうものだと自分は思っている。

 

物の語り方とは

皆さんこんにちはパシフィックです。

先日新海誠展に行ってきました。

新海誠と言えばあの「君の名は。」の監督。

リアル以上にリアルな質感と美しさを描き出す彼の作風は現在多くの人々から称賛を受けている。そんな彼の作品を網羅した展示会は非常に目を見張るものばかりだったが、そこで一番自分が考えたのは「物語る」ということである。

展示会では新海誠という一人の人間が作品を通して自分の考えをどういう風に表現するか非常に迷い、その中で自分の表現の仕方をいかに獲得してきたかが非常に分かりやすく説明されていた。

人は自分の気持ちや考えを語る時、言葉や絵、歌といった何かしらの媒体を通して表現し、伝えていく。その時、自分に適した媒体であるかどうかは非常に重要なことでもある。歌の方が気持ちを表現しやすい人に、絵で自分の気持ちを完璧に表現してくれと頼んでもそれは難しいという単純明快な話だ。ただ、別の方向から考えてみると、その人を理解するには絵の方が良いのか、歌の方が良いのか、率直な言葉の方が良いのかという逆の読み取り方にも通用する話ではないだろうか。

そして、この逆にこちらが読み取る側に立った時、正しくその人や物を理解するのに適切な媒体を探すのは非常に困難である。そして、多くの人々はこの人はこの媒体が得意だと想定し、規定し、既存の枠組みを作り、それにそって発信する側を理解する。それは非常に人間らしい行動で、多くの人々が決めた既存の枠組みの中で対象を理解するという行為は非常に安心感があり、一回一回この媒体で対象を理解するのは適切か考える必要がなくなるため理解が早く進む。非常に効率がよく、分かりやすいやり方だと思う。ただ、それは特定の一側面でしか対象を理解できないということでもある。人だろうと、動物だろうと、無機物だろうとありとあらゆるものには必ず多様性と多重性が存在している。例えば、本当は絵の方が上手なのにも関わらず、周りからは歌の方がうまいと思われ、絵ではなく歌ばかりが評価される。逆に発信者自身は下手だと思っている分野が評価される場合もあるかもしれないし、発信者自身の意図した分野が評価されることもあるかもしれない。三番目の人は自分の得意だと思っている分野と周りから評価される分野が同じだから喜ぶかもしれないが、前者の二人は自分の意図した分野が評価されていないという部分で一致しており、人によってはそれにストレスを感じることがあるかもしれない。

これを考えると、その枠組みで対象を理解することが本当に正しく対象を理解することができているのか一度ぐらいは見直しても良い気がする。

別の見方や解釈を持って、対象を語る、説明するというのは案外、意外な発見があって面白いかもしれない。

本当にその見方で、媒体で、対象を理解し、語ることは適切か、一回一回考えるのは非常に手間で大変な労力だが一回ぐらいはやっておいて損はないのではないだろうか。

お久しぶりです。

皆さんこんにちはパシフィックです。

転職後のあれこれをしばらく書いたあと何の音沙汰もなく年を越し、今に至る自分だが、ブログの更新をしなかったのは訳がある。

自分は現在とある土地で公務員として働いている。経緯を話すと、最初の一ヶ月でへまをし、会社に損害を出しかけた自分は地方の営業所ではなく、支部で研修を受けることになり、入社一ヶ月で支部に異動となった。そこから三ヶ月間は先輩に付き添って外回りをしていたが、見込みが無いと思われたようで、遠回りに退職を促された。そこから一ヶ月間は粘ったが甲斐なく辞職をし、今に至っている。

現在の道を恥じてはいないが、心のどこかで社会的に終わっているという劣等感からブログの更新をためらう気持ちがあった。

前職は好きな仕事であったわけでも無ければ、やりがいを感じていたわけでもない。それでもやはり、短期間で二回も転職するというのはつらいものがある。実績だのスキルだのと自慢げに、偉そうにブログを書いて当時の自分は社会を舐めていたと思うし、考えが甘く、浅はかだと思う。

社会的に人生が詰んでいるということは明確だし、色んな仕事の選択肢がある中で公務員を選んだ人よりも、それしかできないから公務員になった自分とではどこか自分が劣っているように感じる。

そんなことはどうでもいい考えかもしれないが、自分はどうしようもなくそういう考えで一杯になっている。そんな自分は嫌になるが、その劣等感も薄らいできたからようやくブログを書けるようになってきたとも思う。時間はやはり一番の回復薬ということかもしれない。

そんなこんなで色々あったがまた色々と書いていければと思う。

遅すぎる新年の挨拶だが、敢えて言っておきたい。

あけましておめでとう。

最近のあれこれ

こんにちはパシフィックです。

転職が終了してとうとう三週間目に突入した自分ですがやはりダメダメであることが自覚できてしまって、正直自信を無くしています。

エクセルの入力が遅く、いつもショートカットキーを使うよう注意される。電話口での声が小さいとも言われ、メーカーさんとの名刺交換時でもハキハキしゃべるよう言われる。営業が終わった帰りに先輩の運転中に居眠りしたり、人の顔が覚えられていないことを見破られて怒られる。

ここまで基本的なことで怒られるとは正直思っていませんでしたが、怒られているので受け止めるしかない。

ここまでくると自分は営業に向いていないんじゃないのかとも思えてくる。それとも商社勤めが合わないのか。

また、食品関係の営業で驚いたのは応援という制度があること。スーパーに足を運んで商品の受注量を決めるついでに商品の品出しを手伝うというのは初めて知りましたが、非常に面倒で仕方がありません。そもそも肉体労働が嫌で別の会社に移ったのに、なぜまた接客の肉体労働をしなければならないのか。文句なら日々出てきます。

まあ、そんなことを言っても仕方がないので日々の業務に取り組んでいるのですが、なかなかうまくいかない日々を過ごしている今日この頃です。

バーチャルYouTuber『キズナアイ』を考える。

こんにちはパシフィックです。

新しい会社に入ってもう一週間が過ぎましたが、自分はまだまだなんだと思わされることばかりです。

本来は先に私の私生活の話をしようと思っていたのですが、先日暇つぶしにユーチューバーについて調べていると面白いネタを見つけたので、そちらを先に書いていこうと思います。

みなさんはバーチャルユーチューバ―の『キズナアイ』を知っているでしょうか?

f:id:pasific:20170729164453p:plain

Kizuna AI Official Website「http://kizunaai.com/」より抜粋

調べたところによると彼女は世界初のバーチャルユーチューバーらしく、自称インテリジェントなスーパーAIと名乗っているそうです。

実にポンコツ感満載の人工知能ですが彼女がYouTube上で運営しているA.I.Channel」は現在70万の登録者がおり、意外と本当にインテリジェントでスーパーなAIなのかもしれないと思わされます。

私が彼女に惹かれた理由はその企画内容の面白さ、バーチャルアイドルの捉え方です。

彼女の動画を見てみると人口知能のShiriと会話したり、オキュラスリフトをはめて初音ミクと対面したりと中々面白い。また、自分の中身はプログラムでできたデータであることや服はきていない、見えているのはひとつの側だけでいわば全裸でやっているという奇抜な考えも興味をそそられる。

彼女が上げている動画はmmdで作った3Dモデルの「キズナアイ」に声を当てて、モーションキャプチャーで動きを取り込んで動画を作っているのでそもそもAIではないですが、実際に人が声を当てて、モーションキャプチャーで動きを作ることでここまで3Dモデルに肉感がでるとは正直思っていませんでした。

これはこれで初音ミクとは別の面白みがあることは間違いないと思いますが、より感慨深いのはやはり上で挙げた動画の内容です。

仮に「キズナアイ」を完璧なAIと仮定してこの動画を見た時、AI同士の自発的な会話が将来あるかもしれないという点は非常に面白いと思います。

現状で「Shiri」や「女子高校生りんな」といった他の人口知能同士を人が物理的に仲介して会話させるということはyoutube上でもよくやらていることですが、ネットの中だけで人工知能同士が陰で会話をはじめる可能性が動画を見ていると感じられます。それこそSF映画でやられているような人工知能が人を分析し滅ぼすべきか考える、人工知能同士で人を分析し、結果を報告し合う中で心という概念を理解し人格のようなものを形成し始める等々、彼女を見ているとそんな可能性を考えさせられます。

また、「キズナアイ」がオキュラスリフトを被るというのは人工知能が3D体験をするとどういう反応になるのか、どういう風に見えるのか非常に面白いように思います。これを見ていると、それこそ、人工知能自身が様々なものに興味を持ち、自発的にそれを手に入れるために行動し、創造することさえ可能になるのではないかと考えてしまいます。

また、現在、彼女の3Dモデルを使って彼女風に振る舞うVRコスプレなるものが流行っているらしく、panoraの記者が取材時に自分のモデルが配布され、他人に自分風に振る舞われることについてどう思うか聞いた際には、モデルはただの入れ物であり、コスプレしてくれることは嬉しいと語っています。

中々このVRコスプレという発想は面白いのではないかと思います。

私たちはそもそもmmdの使い方を初音ミクが踊ってみた等、自分の好きなキャラが踊ってる所を見るための道具として使っていました。

ですが「キズナアイ」という3Dモデルを躍らせたり、音声合成でしゃべらせるとmmdという道具はバーチャル上において「キズナアイ」という存在になりきれる道具という認識へと変化する。それはある意味で、バーチャル上において最も自分らしい自分を作るための道具、最も簡便になりたい自分になれる道具としても使えるということなのではないでしょうか。

十数年前からネット上に自分の分身であるアバターを配置するという考えはありましたし、理想の自分にしようと服装や顔のパーツを考えた人も多くいたと思います。また、ゲームにおいてもプレイヤーの顔を理想の自分にしようとした人はいたと思いますし、特定のキャラクターを主人公にして、そのキャラクターになりきってゲームを進めるという考えは最近のゲームでは主流になっています。ただ、上記のやり方では完全に理想の自分、なりたい自分を実現できないというのが難点だったのではないでしょうか。微妙な等身のズレや顔のパーツの少なさ、統一的な動き方等自分の理想とする身体動作や表情を完全に表現できていなかったのは事実だと思います。しかし、mmdなら動きを自分で決められますし、顔の表情も自分で作ることができる。mmdを使ったバーチャルコスプレという考え方は中々個人的に面白い発想だと思います。

また、これらから考えるとやはり自分はバーチャル上に自分の意識を多く投影しているんだと改めて思います。なぜならば、もし自分の意識をバーチャル上に作った自分の分身に投影していなければ、現実ではなくてバーチャル上でコスプレをして特定の人やキャラになりきることで満足感を得るというのはあり得ないと思うからです。やはり、バーチャルの分身を自分と思えるからこそ満足感を覚えられるんだと思います。

また、ある意味人間がAIの真似をするというのも中々面白い現象かもしれません。人の真似をしているAIの真似を人間が真似するという意味不明なループ現象。

今まではバーチャル上のキャラクターに二次創作をどう思うか聞いたりすることもできませんでしたし、質問をして確実にそのキャラ等から答えが返ってきていると思うことが少なかったのでこういったことを気にせずに生きてきましたが、改めてなりきられている側のキャラクターからコスプレが嬉しいという話を聞いたり、肉感のあるAIを見せられるだけでここまでのきづきがあるんだと思ってしまいます。

やはり、人の発想や技術の進歩は様々な認識を変えていくんだと改めて思いました。

 

退社した日、入社した日。

こんにちはパシフィックです。

僕が商社に入社してもう5日が過ぎました。

本来なら21日とかにブログを更新すべきなのかもしれませんが、諸事情があって遅くなってしまいました。

僕は7月20の深夜0時30分をもって晴れてパチ屋を卒業し、食品関係の商社に入社しました。

21日から来いと言われていたので、疲れは全然取れないまま新しい会社に朝早くから行くと、初日はパソコンや倉庫の説明で終了。現在も事務処理を覚えるためにパソコンをいじることしかしていません。

正直もっと激務を予想していたので拍子抜けといえば拍子抜けです。もっと、がつがつメーカーさんやスーパーさんに挨拶に行き、日々の外回りで疲れきったあとに事務処理をさせられるというイメージがあったので丁寧に指導してもらえているのはとてもあり難いことだと感謝しています。

正直、営業という会社の顔になるような大役を自分ができるのか、入る前は不安の方が多かったですが、やはりなんだかんだやれる仕事を用意してもらえるし、早く一人前になれるように指導もしてもらえる。こういった環境は大事なんだ改めて思います。

別にパチンコの時が丁寧に仕事を教えてもらえていなかったわけではないですが、精神的に余裕がある環境で学ぶということも必要なことだと思います。

僕がパチンコを退社するときは同期の人間と僕たちの管理をする人間だけだったので、色々と学ばせてもらった主任には挨拶ができなかったこともあり、少し悲しく、うしろめたさのようなものも感じましたが退社とはそういうものだとも思います。

まだ色々と返さなければいけないものもあるので前職とのつながりが完全に切れたわけではありませんが、僕は20日の深夜をもって商社の人間になりました。向こうから見れば完全な裏切者に見えても仕方ありませんし、自分の経歴に傷をつけたことは紛れもない事実です。

だからこそこれからをどうしていくかなんだと改めて思います。

本当に心配してくれた上司の方々に対して、こうなりましたと胸を張って生きていける人間になりたいですし、なるべきなんだと思います。

そのためにも今の仕事を精一杯やりたいと思います。

パチンコ屋で学んだことについて少し書いてみる。

 こんにちはパシフィックです。

 深夜の3時にブログを更新しておいて「こんにちは」はないだろうと思いつつ、深夜アニメをリアルタイムで視聴したせいで幾分か目が冴えてしまったので、いい機会なので今まで考えてきたが書く機会を逃していた内容を書こうと思います。夜というのは皆おかしなテンションになるのが常ということで、御多分にもれず自分も変なテンションで書いているのかもしれない。普段のクソみたいな駄文がより中二くさい駄文に変わるかもしれないことを事前にお詫びしておきます。

 私はあと一週間後に次の転職先へ行くことになります。

 ただ、今の職場がそこまで悪い職場かというと別に可もなく不可もなく普通という感じ。問題なのはパチ屋の店員という社会的立場とボーナスが夏と冬両方とも出ないことぐらいです。あとは休みが少なく、いつも結構忙しいことも追加しておきましょうか。

 なんだかんだ言っても自分がこの職場から社会人をスタートできたことは悪くなかったんじゃないかと思っています。恐らく初めて入社したところが普通の会社で普通のオフィスビルで営業だの事務処理だのをやっていると一ヶ月も持たずに辞めていたかもしれません。

 ここでは色々なことを学びました。8時間ずっと拘束されるとはどういうことか。その中でも正社員における立場や考え方、すぐに仕事をさぼることすらできないこと等ありとあらゆる社会人がまず出会う部分をゆっくりまったり経験させてもらったことは非常にいいことだったと思います。

 また、最近では社会人の勉強というものがどういうことか分かってきた部分もあります。社会人が勉強する内容は業務においていかに失敗をしないか、その方法を知るという要素が非常に強いということです。学生の場合は答えを導き出すために勉強して方法を知ろうとする要素が強いと思います。この違いが私にとっては結構重要なことなのです。

 私は退職の面談を何回かした時に上司から君には足りていないものが多すぎる、本意気で仕事ができていないと言われ続けていたが、勉強の違いについて理解することでこの言葉の真意を理解することができた。

 私は業務内容に関して相談することが少な過ぎたのだ。もちろん直接の仕事のやり方に関わる部分について質問していたが、それでは足りなかったということに最近ようやく気づくことができた。例えばレジを打ったことはあるが、そのレジのお金がどういう処理をされて本社や店の売り上げに反映されるのか知らなくてもレジは打てる。だが、上の役職に就くためにはその知識は不可欠であり、レジ関連でのトラブルが仮にあった時はどういう処理をされるのか知っておけばより迅速な対応につながる。そういう直近の業務には関わらないが知っておいて損はない知識を貪欲に知っていこうという気が無かった部分が自分の最も向上心が無かった部分だと思う。

 学生の頃は目の前の課題のクオリティーを上げることで良い点数をもらうという、勉強が直接成功に繋がる側面が強いが、社会人の場合は失敗をしないために話を聞いて業務に当たった結果成功するという学生の勉強とは違い一つ捻った形で成功が手に入る側面が強いと思う。

 だからこそ、社会人は成功をより多く得るために失敗の回避方法を学び、より高い地位に就こうとするのだろう。逆に言えば日常の仕事を本意気でしていればそういった業務内容に直接関わってこないが必要な知識について質問がわんさか出てくるはずであり、それがないのは成長する意欲が無いと思われても仕方がないように思う。

 このことに気付けたことはやはり大きいように思うし、次の仕事でも生かせる部分なんじゃないだろうか。

 色々他に書きたいこともあるがそろそろ眠くなってきたので寝ようと思います。皆に良き睡眠が訪れることを祈って私も眠りに落ちます。

 おやすみなさい。